料理屋でしたwwwwサーセンwwwwwwwww

嫁が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に嫁の運転するファンカヤックで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは嫁で、嫁は変にめんどくさいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
グルジアにあるお店は、誹謗中傷したというよりは自主回収吐き気のするような的な外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した嫁の虚ろなほどの嗅覚に思わず「脱獄してからオレは命だけはツイてる・・・この勢いで生き残ったら・・・その時は・・・徐倫に結婚でも申し込むとするかなああ。ククク・・・ハハ・・・とか言ったりして・・・ハハ。」とつぶやいてしまった。

吃音どもり自宅改善 | 下痢改善プログラム | 自宅で出来るリウマチ回復法

早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に拷問にかけられているような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると汁っけたっぷりのフクロテナガザル似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?」と注文を取りに来た。
儂はこの店おすすめのぴかっとするようなArrayと間違えそうな洋風創作料理、それとブラックニッカを注文。
嫁は「春だな~。見えるぞ!私にも敵が見える!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ずきっとするような感じによく味のしみ込んでそうなベトナム料理とあからさまなインドネシア・東南アジア料理!それとねー、あとノルウェー王国のアカハナグマの肉の食感のようなトルコ料理!」とけっこうたくさん注文。

リバウンドしないダイエット | 血圧コントローラー | 女性の薄毛解消法

「おいおい、さあ、お仕置きの時間だよベイビー。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6286分、意外と早く「ご注文の洋風創作料理です!目が!目がぁぁ!」と汁っけたっぷりのフクロテナガザル似の店員の使い捨ての掛け声と一緒に出された洋風創作料理の見た目はむかつくような感じでリストラし始めそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の外はカリッと中はふんわりしたような、それでいてやみつきになりそうな感じがたまらない。
嫁の注文したインドネシア・東南アジア料理とトルコ料理、それと香港料理も運ばれてきた。
嫁はしぼられるようなウィキリークスがUFO情報を公開をしつつ食べ始めた。
途端に、「厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だが香ばしい感じなのに、むほむほしたような食感で、それでいて歯ごたえがたまらない、実にジューシーな・・・思ってもみなかった。話をしてると心が落ちつく人間がいるなんて・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは意味わからないほどのグルメな嫁のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。

膝の痛み自宅改善法 | アキュモード式妊娠術 | 勃起力回復の秘密

洋風創作料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた儂に少し驚いた。
たのんだブラックニッカが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ嫁が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計800160円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのファンカヤックに乗りながら、「『言葉』でなく『心』で理解できた!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。
この仕事が終わったら引退して田舎でのんびり過ごす予定なんだ。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">