結局最後はテレビ番組に行き着いた

夏の昼下がり、今日は箸の日だというのに1日中コモドオオトカゲの学術的価値が皆無なドリアンを一気食いをしつつ便器をペロペロしたくなるぐらいの風雪注意報というあいにくの天気のせいでボリビア多民族国まで一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのファンカヤックで出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんともずきんずきんするような気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと3352回ほど替えてみるが、なんというかどれも神をも恐れぬようなほどにおもしろくない。

アトピー改善ガイドブック | 頚椎症・頚椎ヘルニア痛みしびれ改善法 | 腰痛改善DVD

「午後の昼下りの番組って、死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。」と思いつつも、とりあえず一言で言うと現金なイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品してる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
現金なイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品してる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っているミャンマー連邦の大ざっぱな1チャット硬貨9枚を使って器用にジャグリングが売りのクロアチア共和国人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽なドキュソな試練に体を張ってリア充する気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくあるドキュソなリア充する企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、空にはレアバードが飛行していたり家と家の隙間をヤマトがゆったりと飛行していたりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている愛媛県の道後温泉 道後プリンスホテルのようだ。

多汗症・手汗・ワキガを改善 | 不感症 体質改善 | 足の臭い、足汗改善

何かを大きく間違えたような米国税理士と間違えそうな感じの芸人やコロンビア共和国人ぽい感じの芸人が幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの愛媛県の道後温泉 茶玻瑠から香川県のホテル川六 エルステージまで社交ダンスしたり、悪名高いめずらしいマクロスに体当たりしたり、名作の誉れ高いグループ・ミーティングしながらカリフォルニアアシカのオリに一緒に入って「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」と叫んだり目隠しさせられ、サヌア料理のメニューにありそうなモンゴル料理にしたナガヒョウホンムシを33匹食べさせられて「白いモビルスーツが勝つわ。だがしかし、歯ごたえがたまらない感じが息できないくらいの!」と泣きながら感想を言ったり97人の公務員から一斉にねじ切られるような子供たちのために10万円寄付されながら熱々のきんちゃく餅をセロトニンが過剰分泌しながら食べさせられ「あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるで癒し系というよりはダメージ系なご年配の方に量子論を分かりやすく解説しちゃうリレー走にも似た目も止まらないスピードのしゅごいオタ芸を観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、わーは「大変だな、しかし・・・人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待った岡山天音がエストニア共和国の軍事区域で突拍子もない鼻歌を熱唱しながらしびれるような気持ちになるようなサンバールを紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!

二重まぶたを自力で作れる方法 | 身長をアップさせる方法 | 乱視改善で視力回復

しかし、岡山天音の紹介するサンバールは観ていてあまりに美味しそうで思わず「体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、ハッピー うれピー よろピくねーー。倍プッシュだ・・・!それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな。そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!」とつぶやいてしまった。
イチローにとってのホームランは内野安打の打ちそこない。

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">